生活に身近な印鑑がもつ信用性と利便性と作成の際のポイント

時間がなくてもすぐ買える! 印鑑

印鑑は様々な場面で使用されます

印鑑を利用する機会はいろいろとあります。たとえば、役所などに行って書類などを申請する場合には、署名と捺印を求められることが多いです。この場合には、認印を使用します。日本では外国のサインと同じ役目を印鑑が果たしているといえるのです。
そして、銀行の口座を開設する場合にも印鑑は必要になります。ネット銀行の場合には、開設するときに印鑑は不要であることが多いです。しかし、一般的な銀行の場合には、やはり印鑑が必要になります。これが、銀行印というものです。銀行印というものは、定期預金を解約したり、窓口でお金をおろしたりする場合に必要になります。また、認印とは違ったものをつくることが必要になります。銀行印の保管については、厳重におこないたいものです。
そして、日本では、実印というものもあります。実印については、市役所などに印鑑登録し、印鑑登録証明書とセットになって効力が発生します。たとえば、賃貸契約などの保証人などになる場合には、実印を押すことが求められることが多いです。また、相続の際にも相続人全員の実印が必要になります。実印についても銀行印と同様に厳重に保管することが必要です。また、実印を押すことには慎重になったほうがいいでしょう。