生活に身近な印鑑がもつ信用性と利便性と作成の際のポイント

時間がなくてもすぐ買える! 印鑑

銀行印を作る際の2つのポイントとは?

銀行印を作る際に考えるべき2つのポイントとは何でしょうか。今日はその点について記したいと思います。まず銀行印は印鑑登録が必要となる実印と比べて、特に厳しい決まりはありません。一般的な印鑑であれば問題なく使用することができます。とはいえ、作る際にはある程度注意することがあります。
まず最初のポイントは印鑑のサイズと大きさです。基本的には市販されているサイズや書体から選ぶほうがいいです。なぜでしょうか。それはサイズがあまりにも大きいと枠から外れてしまったり、また小さいと印鑑の照合に時間がかかってしまうからです。そのため、一般的なサイズの中から選ぶほうがトラブルが少なく済みます。また書体も同じです。あまりにも複雑だと時間がかかる場合があります。とはいえ、複製を防ぐために篆書体(てんしょたい)が人気がある書体となっています。
次のポイントは長く使える素材を選ぶということです。銀行印は長年使用するものですので、素材は非常に大切です。特に今では比較的安い三文判がありますので、安いさゆえに利用している人が大勢います。しかし、安いと長年使ううちに劣化して欠けてしまうということもありますので、できれば長く使える素材の中から選ぶようにしましょう。